結婚指輪でオススメなのがハワイアンジュエリーのペアリング

新着写真

pear

ペアリング

hawaian

ハワイアンジュエリー

カテゴリー

結婚指輪

ring

結婚指輪は結婚していることを示す指輪で、左手の薬指にはめる事で結婚している事を示すのである。
結婚式の時に神様に愛を誓う証として、カップルで指輪の交換を行うのである。基本的には男性用の指輪と女性用の指輪のデザインは殆ど同じという事が多く、お揃いのデザインで常に身につけている事が一般的である。
しかしながら、男性と女性では指の太さも長さも異なる為、殆どの場合は男性用は女性用の指輪よりもリングの太さを太くしているのである。

結婚指輪の歴史

yubiwa

もともと結婚指輪は男性の家から女性の家に贈られたもので、家と家の結びつきを証明する為の契約の象徴としている物だった。
そして、キリスト教が出てきたことにより、神様に結婚の誓いを捧げるという意味合いになっていったのである。
16世紀頃くらいになると、西洋では結婚指輪は正式に結婚の際に贈るものとして定着するようになった。近年ではキリスト教であるのかどうかに関わらず、挙式の時には指輪を交換するという行為が日本でも定着している。

結婚指輪のデザイン

近年では様々なデザインの結婚指輪があり、自分に合ったデザインを選ぶことが出来るようになっている。
シンプルなシルバーのリングにダイヤが少し付いている物が多いが、近年ではハワイアンジュエリーと呼ばれている、ハイビスカスやモンテスラといった様なハワイの植物をモチーフにした指輪デザインも出回っており、大変人気である。
また、ダイヤが付いている物が多いが、最近はブルーダイヤやピンクダイヤといった宝石が付いている事も多くなっている。


外部リンクへ

婚約指輪を福岡で選ぶなら「彼女が絶対喜ぶ婚約指輪ランキング」
ハワイアンジュエリーを婚約指輪のにするなら|MAILE(マイレ)